すきっ歯が気になる方へ

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 前歯と前歯の間にすき間がある
  • 歯と歯の間が全体的に空いている
  • すきっ歯で、人前で笑うのをためらってしまう

すきっ歯の治療方法

すきっ歯の治療は、歯と歯のすき間の大きさなどによって、方法が異なります。患者さんの状態やご希望などに応じて、最適な治療法をご提案します。

小さなすき間を手軽に治したい方

小さなすき間を手軽に治したい方には、ダイレクトボンディングという治療法をお勧めします。歯科用のプラスチックであるレジンをすき間に詰めるもので、治療も1回で終わることが大半です。

色味もきれいにしたい方

歯の色味もきれいにしたい方には、ラミネートベニアという治療法が向いているでしょう。審美性に優れたセラミックという素材を歯のすき間に貼り付けるものです。大きなすき間には行うことができません。

歯並びも良くしたい方

歯のすき間が大きかったり、隣り合う歯との大きさのバランスが悪かったりして歯並びも良くしたい方には、セラミックの被せ物をすることで治すこともあります。

治療の流れ

ダイレクトボンディングの場合
  1. 1カウンセリング

    患者さんのお悩みをお聞きし、すきっ歯の状態を確認します。患者さんの現在の状態とご希望を踏まえながら治療方法を検討します。

  2. 2前処置

    汚れがあるときは事前にクリーニングを行い、むし歯などが見つかった場合は治療します。

  3. 3治療

    歯科用プラスチックのレジンを詰めていきます。すき間が小さい場合はこのダイレクトボンディングという方法を行い、多くの場合は1日で治療は終わります。

費用について

1本 \5,000(レジンの場合)

※レジンの場合は上記の金額ですが、使う素材によっては自費治療になり、費用が異なります。